日本人離れした身体の風俗嬢

デリケートな部分だからこそ

風俗嬢を攻める際には細心の注意を払うのは当たり前の話です。やっぱりデリケートな部分というのは、闇雲に攻めればよいってことではないと思うんですよね。勢いに任せてとか、力任せにではなく、的確な攻撃こそが大きな快感を有無と思うんです。それに、勢いだったり闇雲な力任せな攻撃を繰り返していると、風俗嬢との信頼関係も作れないんじゃないかなと。相手からすればそれらの攻撃は快感ではなく、痛みでしかないと思うんですよね。気持ち良い表情をしてくれていればこっちだって興奮してきますけど、痛そうな表情をしているだけではきっと興奮しないと思うんですよね。だから風俗嬢を攻める時にはデリケートな部分であることを何よりも意識しておかなければならないなって。その点をしっかりと意識した攻撃をするだけでも、相手の印象とかも変わってくるんじゃないのかなって思いますし、やっぱりそこはかなり重要な部分なんじゃないのかなって思いますしね。

だからこそ、風俗ならピンサロ推し

風俗の中ではピンサロが一番好きなので、言わばピンサロ推しですね(笑)ピンサロにはいろいろな魅力があるからこそ、一番好きな風俗になっているんですけどやっぱり安さですかね。いろんな魅力があっても、もしもピンサロの料金が高ければ今と同じ気持ちでは利用出来ないんじゃないのかなって思うんですよ。安いのにあれだけの魅力があるからこそ、気軽だしコストパフォーマンスも高いなって思えるというか(笑)それに、自分も初めて遊ぶ時に思ったんですけどピンサロが安いのは言うまでもありませんので、軽い気持ちで試せるじゃないですか。風俗に限らず、料金の高いサービスはなかなか気軽にとはいきませんけど、でもピンサロであれば基本的には安いのもあって、それなら軽く試してみようとか、これくらいの料金なら自分に合っていないとしても損をしたって気持ちにはならないだろうって思いもありましたので、ピンサロは割と良くお世話になっているんですよね。